2008年04月12日

■1000冊限定!無料小冊子プレゼント!

■1000冊限定!無料小冊子プレゼント!
【なぜ株式投資で推奨銘柄を買ってはいけないのか?】

■あなたは何故、業績のいい会社でも、下がり続ける株があるのか
を知っていますか?
■あなたは、6000銘柄の株の中から上昇する株だけを見分ける
明確な方法を知っていますか?

■株の世界でタブーとされて誰も語られてこなかった株式投資の真実
について書かれた小冊子を無料で手に入れるにはこちらから

1000冊限定!無料小冊子プレゼント!





今、不安定な米国の状況に振り回されてFX市場は
大きな影響を受けてしまい、円高に動いたり、円安に
動いたりでほとんどのFX投資家は損をしています。



こんな今の市場状況においてFX投資で儲けを出している
人は本当にごくわずかしかいません。



そして、これからも世界経済の動きは大きく揺れ動き
儲けやすい続けます。



この市場動向の中では


対応方法を知らない大多数の人はそれまで上げた
利益を全部失って大損までしていて、

対応方法を知っているごく少数の人だけが大儲け
しています。



もしあなたが、勝率の高い投資テクニック、売買サイン
さえ知っていれば、それだけで儲けられると思っていたら、
残念ながら2008年を利益にする事はできません。



もしあなたが、米国の経済動向をしっかりと事前に
チェックして、それに合わせて売買していれば儲けられる
と思っているとしたら、残念ながら2008年を利益の
年にする事はできません。



もしあなたが、確かな情報筋と言われるところから
最新の情報を得ていれば儲けられると思っていると
したら、残念ながら2008年を利益の年にする事は
できません。



投資で利益を上げるのに重要な事はそんな事ではありません。
テクニックだけで投資をしていたのでは、たとえいくら儲けて
もあっという間に全部失ってしまいます。



投資で儲け続けるためには、それ以前に知らなければいけない
秘密があるのです。



その秘密を知ると今の市場がピンチではなく逆にチャンスの
相場に見えてきます。




秘密を知ってピンチをチャンスに変えたい人は今すぐ
72000円相当の無料DVD12本セットを手に入れて下さい。

1000冊限定!無料小冊子プレゼント!





PS
このDVD12本セットをご覧になった人が皆口にする
言葉は、「何も知らずに投資をしていた今までがぞっとする。
もっと早く見ておきたかった」という言葉です。


株式投資必勝法


posted by FXシステムトレーダー at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

【緊急連絡】FX投資10年に1度の大相場の極秘映像はこちら

こんにちは




10年に1度のビッグチャンスについて知りたい人は
下記の無料映像をチェックして下さい。

【緊急連絡】FX投資10年に1度のビッグチャンスの極秘映像はこちら




去年の8月以降ずっとFX投資をしている人の大多数を
襲う悲劇の相場展開が続いています。


そんな中、今のFX環境で儲けているのはほんの数%の
人達だけです。



90%以上の人達は、実際に損をしています。



これは何も推測でデタラメなことを言っているわけではなく、
FX業者の売買分布データに書かれている【買い】と【売り】
の分布から導きだされた真実です。



では今からFX投資を始めたり、もしくはすでにFX投資
をしているとして、続けていても儲ける事ができないので
しょうか?




とても、そんな厳しい世界では儲かるような気がしない、
そう思う人も多いかもしれません。



しかし、そう判断するには少し早いです。



なぜならこのメールでは、そんな混乱の相場の中に刻々と
迫ってきている10年に1度のビッグチャンスの相場に
ついて無料で教えてくれているWEBサイトをお伝え
しているからです。


10年に1度のチャンスが分かる無料映像は下記から

【緊急連絡】FX投資10年に1度のビッグチャンスの極秘映像はこちら


「またまたー、そんな美味しい話には乗らないよ!
どうせなにかウラがあるんでしょ?」


「そんな話は腐るほど聞いてきたけど、ろくなものが
なかったよ。」



というように思われた方も知れませんし、それは
正常の反応と思います。



10年に1度のチャンスと言われて、ホイホイ信じて
振り回されている方がよっぽど危ないからです。




10年に1度の買いのチャンスの相場なんてウソみたいな話、
簡単にホイホイ信じる類の話ではありません。




私も、情報源の怪しいモノであったり、どこの
誰とも分からない人なら100%信じない情報ですし、
紹介しようなんて思いません。




でも今回のこの情報の発信元である松下誠さんと江崎孝彦さん
はこれまでの実績から、とても信頼のできる投資家の人達なので、
よく聞く“美味しい話”と言って無視できない内容だったのです。



松下さんという投資家がどういった人か知らない
かもしれませんが、


松下誠さんは昨年メルマガで2007年7月、8月に
起きたサプブライム暴落の1ヶ月前から、下落が来る、
下落が来ると注意を呼びかけていた人です。



そして2007年9月とかに急落も終わって、値段が戻して
いる中でも、事あるごとにまだ下落は終わっていない、まだ
下落は終わっていないと伝え続けてくれていました。
(当然今の下落相場でもずっとメルマガでは言い続けて
くれています。)

そして今振り返ればすべて、その通りになっているのです。



誰もが外貨の買い一辺倒を続けていた時期に“売り”だ
“売り”だといい続けていたまさにその人なのです。



さらに付け加えると、毎週松下誠さんが注目している
銘柄を有料でメール配信するサービスを購読している人は
1800人以上もいてるみたいです。



そんな松下さんが次の買い場は10年に1度の
買い場になると言っているのです。


そしてそれが、どの通貨で、その時期はいつ頃なのか、
その値段はいくらになった時なのか?といった事まで
かなり具体的に言ってくれています。



情報の発信元はとてもしっかりとした投資家です。
ポッとでの素人投資家ではありません。



10年に1度のビッグチャンスについて詳しく
知りたい人は下記の無料映像を見て下さい。
筋の通った真実である事が分かります。

【緊急連絡】FX投資10年に1度のビッグチャンスの極秘映像はこちら



PS
今なら松下誠さんが投資で儲けたい人向けに行っている
セミナーを収録したDVD12本セットは下記のサイトから
手に入れる事もできます。

【緊急連絡】FX投資10年に1度のビッグチャンスの極秘映像はこちら


FX投資の必勝法
posted by FXシステムトレーダー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【緊急連絡】FX投資10年に1度の大相場!極秘映像、公開中!

こんにちは



もしあなたが、FX投資をしているとしたら、
今すぐ下記のサイトの14分間の極秘映像を見てください!

【緊急連絡】FX投資10年に1度の大相場!極秘映像、公開中!



今、FX投資の相場で何故、円高方向へ向けて
一本調子に下落し続けているのか?



どうやったら、その状況から抜け出す事ができるのかが
分かる6分間の極秘映像が公開されています。




しかも、今の苦しい展開の中に隠された、10年に
1度のビッグチャンスが迫ってきている事がはっきりと
言われているのです。




何故、昨年8月からずっと円高方向へ向けて下落し
続けているのか?


その理由が分からないまま投資を続けても、
損をするだけです。



そして、10年に1度のビッグチャンスに乗ることが
できれば、今、大きな損失をすでに出してしまっていた
としても、あっという間に取り戻して利益にする事
だってできるのです。



何故、今買っても買っても損をするのか?
そして10年に1度のビッグチャンスとはいったい
何なのか?




今すぐ下記のサイトの6分間の極秘映像をチェックして下さい。
500人に達した段階で、映像は見れなくなります。

【緊急連絡】FX投資10年に1度の大相場!極秘映像、公開中!




PS
一言だけ言っておくと、今、円高方向へ動いて、
苦しい展開になっているのは、自然の流れであって、
福田首相のせいではなかったという事です。
詳しくは下記のサイトをチェックしてみて下さい。

【緊急連絡】FX投資10年に1度の大相場!極秘映像、公開中!


FX投資の必勝法
posted by FXシステムトレーダー at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか?

初心者のためのFX・投資講座 FXで稼ぐへようこそ。

こんにちは



■株式投資家に緊急連絡
---------------------------------------------------
1000冊限定、無料小冊子プレゼント中

小冊子【なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか?】
---------------------------------------------------

あなたは、自分の今の収入にプラスいくらの不労所得が
欲しいですか?


プラス10万円?

プラス30万円?

プラス50万円?

プラス100万円?



もしあなたが望むなら、株式投資は簡単にそれらの
目標をクリアしてくれます。


実際、株式投資の世界では、300万円から始めて
1億円まで資産を増やした、といった話は珍しく
ありません。



そんな大儲けの人達がいる中、株式投資を初めて
取り組むほとんどの人は最も致命的な間違いをしてしまい
株で損をしてしまっています。



それが“本や雑誌を買ってきて、そこで取上げられている
推奨銘柄を買う”という行為です。



実際、株式投資で儲け続けている人達は株本や雑誌で
取上げられている推奨銘柄なんてまったく見ていません。



実際、経済アナリストがもっともらしい事を話している
事もまったく聞いていません。



なぜなら、それらを見たり、聞いたりしていても株式投資で
儲からない事を知っているからです。


では株で儲けている人は、何を見て何を買っているのか?



もし、あなたが、株本や株雑誌を読んで推奨銘柄を
買ってしまっているとしたら、今すぐ下記の無料小冊子
【なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか?】を請求して
下さい。



もしあなたが、これから株式投資をしようとしている
としたら、本や雑誌、ニュースに振り回されないうちに
小冊子をを請求して下さい。



なぜ推奨銘柄を買っていても儲からないか?その理由と、

ではどうしたらいいのか?その具体策


について書かれています。

【なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか?】





PS
この小冊子は1000冊限定でプレゼント中です。
あっという間になくなってしまう可能性があるので、
今すぐ、下記から小冊子を請求してください。
【なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか?】



posted by FXシステムトレーダー at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

<投資家>外国人が6年連続「買い越し」 株価上昇を主導

東京、大阪、名古屋証券取引所で、06年度の外国人投資家の売買代金は6年連続で買い注文が売り注文を上回る6兆1379億円の「買い越し」だったことが5日、分かった。国内個人投資家は16年連続で「売り越し」となり売り越し額は4兆4967億円と過去最高。外国人投資家が株価上昇を主導したことが裏付けられた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070405-00000110-mai-bus_all
posted by FXシステムトレーダー at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

松下誠のFX weekly report

DVD12本.jpgこの商品はFX投資の専門家である、松下誠の投資情報レポートです。毎週、松下誠よりとびきりの情報をおとどけするプログラムです。
現在、キャンペーンで購読者には全員DVD12本セットを無料でプレゼントしています。このDVDは実際に参加者が7万2000円の参加費を払って参加したセミナーをDVD化したものです。
初版分は1000本のみです。

★今すぐ!こちらをクリック↓↓↓
無料DVDが明かす常に勝ち続ける投資家の秘密

posted by FXシステムトレーダー at 13:30| Comment(1) | TrackBack(4) | プレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

【資料請求】株式・FX関連 資料請求一覧

 儲けの第一歩は講座開設から。
 
お気軽に資料請求から始めてください。

楽天証券のお知らせ!!勝つための選択がここにある。

1.コストに強い手数料プランを選択。楽天証券は2コースから選べる手数料。

2.株取引のすべてがここから始まる! オンライントレード必須ツール

口座開設料・口座管理料は無料!資料のご請求はこちら




【口座開設】
◎【岡地】商品先物ホームトレード↓↓↓クリック!
商品先物ホームトレードの最高傑作

◎セントラル短資オンライントレード↓↓↓クリック!
オンライン口座開設ができる「日短FXダイレクト

◎外為どっとコム↓↓↓クリック!

「外為どっとコム」 オンライン口座開設


posted by FXシステムトレーダー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

FXとは

外国為替証拠金取引
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、小額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引をいう。金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。商品先物会社、証券会社などで扱われていることが多いが、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引内容によってはハイリスク・ハイリターンとなるため、外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。



特徴
外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較した場合の特徴を挙げる。

為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。
レバレッジをきかせることによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができ、レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まる。取引業者によっては100倍以上の高レバレッジが設定可能である。逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)という外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできる。
商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れを請求される(マージンコール)場合もある。
多くの外貨建て商品では、外貨を買ってから一定期間後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。
日本円しか持っていなくても、「米ドルを売ってユーロを買う」といった取引が可能である。
税法上、外貨預金・外貨建てMMFの利子は利子所得(20%の源泉分離課税)となるが、外国為替証拠金取引のスワップポイントは雑所得(取引所取引は申告分離課税、店頭取引は総合課税)となる。為替差益の扱いは多くで雑所得(取引所取引は申告分離課税、外貨預金と店頭取引は総合課税、外貨MMFは非課税)。


主なリスク※重要!
外国為替相場の変動
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。
業者に対する信用リスク
客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託するといった保全管理をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できない。業者によって証拠金の管理方法が異なるので約款などで確認する必要がある。


取引の例

取引の例を示す。ここでは、簡単にするため金利や手数料は考えず、相場変動だけを考える。

例:

5000ドル相当の円を証拠金として預託すると、10万ドルの取引が可能とする。つまり、証拠金は取引額の5%(レバレッジ20倍)。

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。 このときの収支は、

1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。
実際には、途中でマージンコールの発生により追加証拠金(追証)を求められることがある。
上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は50万円の利益となる。 つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

金融商品販売法の適用
本取引は、2004年4月1日施行の「金融商品の販売等に関する法律」(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当することが明確になった。(金融商品販売法 第2条1項12号、同法施行令 第4条)

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任を負うことになる。(同法 第3条1項2号、第4条)


金融先物取引法による規制
本取引は、従来は取引に関する法律(いわゆる「業法」)がなく規制もなかったために、多額の手数料を顧客から騙し取るといった悪徳業者が多発した。しかし、2005年7月1日に金融先物取引法が改正されたことで以下の規制がかけられたことにより、悪質な業者は今後次第に淘汰されていくものと思われる。

業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになった。
以下の禁止行為が設けられた。
不招請勧誘の禁止
契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止
断定的判断を提供しての勧誘の禁止
広告規制
手数料やリスクなどについての表示を義務づけられた。
書面の交付義務
契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。
外務員が登録制となった。


posted by FXシステムトレーダー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 参考資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。