2008年04月27日

★ローマ1000年の歴史から投資を学ぶ

こんにちは。





正月から円相場で下落の波が続いています。

ドルはあっという間に110円を切って下落して

いきました。







適切な損切りをしていかないと、資金が完全に

なくなってしまう可能性も十分ありえるので、

損切りをしっかりと入れつつ相場に対応して

いきましょう。







先日、みのもんたさんが司会を務めた番組で、

ローマ1000年記という番組がやっていたのですが、

投資家の人にとって、とても重要な学びがありました。







ローマ帝国はイタリアのローマを中心として、ヨーロッパの

かなりの範囲まで統制をしていた大国だったのですが、その

歴史は今から約2000年以上も前に始まっていました。







私は歴史には、詳しくないのですが、2000年以上も

前に起こった文化なのに、そこから現代の投資家が学ぶべき

事があったんです。







その学ぶべき言葉を発していたのは、ローマ帝国1000年の中で

最も英雄と名高く、今だにヨーロッパ中の人達の中でも尊敬

されているユリウス・カエサルが言った深い深い言葉で、

次の言葉です。





"多くの人は自分が見たいと欲するものしか見えない。"





約2000年前に言われたこの言葉は、現代を生きる投資家に

最も重要な言葉だと言えます。







投資家は、いつの間にか見たいものを見ようと

してしまいます。







去年の8月に起きたサブプライムショックまでの日本の

FX投資家は、2000年以降からずっと右肩上がりに、上がり

続ける為替相場の中で、今後もまるでずっと上がり続けるか

のごとく、円を売って外貨を買って買って買い続けました。







昨日も上昇したから、今日も上昇するだろう。

明日も上昇するだろう。







ちょっとぐらい下落しても、またそのうち値段を

戻して、回復に向かっていくだろう。







そして日本中の個人投資家が買って、買って、

買い続けました。







そしてその結果、大暴落によって日本中が、壊滅的

損失を受けて、相場から退場する事になりました。







1989年におきたバブル崩壊の大暴落を経験して

いるのに、同じ間違いを繰り返しています。







まだ上がる、まだ上がると相場を見たいように

見続けていた結果です。







そして、サブプライム暴落を経験した後もまた、

「これだけ下落したからまた上がるだろう」と、再び、

円相場を買っていく行為を繰り返します。





そして、今もまた損失を出してしまい、2007年の

後半から多くの人が損をし続けています。







「これだけ下げたから、もう上がるだけだろう。」



【ずっと円相場は上がるもの】という固定観念を

捨てきれずに、相場に参加してしまっている人は

ことごとく損失になってしまいました。





自分が見たいように相場を見てしまっていた結果が

そこにあります。







そして、また下落、下落そして損失。





もう大丈夫なんていえる根拠はどこにもなく、ただの

推測でしかありません。







下落を続けているときは、相場は売りに力が働いている

ので、売る事で利益になります。







買っていく相場ではないのです。





見たいように相場を見るのではなく、ありのまま

あるがまま、先入観にとらわれずに見ていかないと

いけません。







たとば、ドルの100円割れも十分ありえます。





ユーロの200円だって十分あります。





ありえないと思う事が相場の世界では目の前で起きます。

特に今年の相場は、ありえない事が次々と目の前でおきます。







見たいものを見るのではなく、あるがままに相場を見て

下さい。そして、低いところでも下落が続くようなら

売っていき、高いところでも上がるのであれば、買って

いきましょう。





すべての行動は利益を上げるためです。





投資で利益を出すために必要な知識、戦略の立て方、

マネジメント、チャートの判断の仕方などテクニカル

分析のすべてが詰まった72000円相当の無料DVDを

見て2008年の投資を利益にしていきましょう。

松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)








PS

固定観念を捨てて、相場をありのまま見る事ができたら

2008年は過去いつの時代にもなかった、大きな

チャンスが来ている事が見えてきます。



下記のDVDで学んで、チャンスをモノにして下さい。

松下誠のFXレポート(無料DVDプレゼント)

【FXとは?】

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FX(本来はForeign Exchange=外国為替の略)

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、豊商事株式会社、ダイワフューチャーズなどが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

目次 [非表示]
1 特徴
1.1 課税方法
2 レバレッジ
3 ロング・ショート
4 外国為替証拠金取引の例
5 一部の取扱通貨について
6 主なリスク
7 金融商品販売法の適用
8 法規制
9 取扱業者
10 問題点
11 関連項目
12 外部リンク
13 脚注



[編集] 特徴
外国為替証拠金取引には、外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較して、以下の特徴がある。

多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、「米ドル(USD)を売ってユーロ(EUR)を買う」といった取引も可能である。
レバレッジを利用することによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができる。
為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差(スプレッド)が他の金融商品に比べて小さい。
金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。

[編集] 課税方法
為替差益に対する課税は外貨預金が雑所得(総合課税)で外貨MMFが非課税、利子は外貨預金・外貨建てMMFとも利子所得(所得税・住民税合わせて20%の源泉分離課税)となるが、外国為替証拠金取引(FX)は取引方法により2種類の課税方法に分かれる。

店頭(相対)取引: 差益・スワップポイントとも雑所得(総合課税)。先物取引など他の取引との損益通算・損失繰越は不可。
くりっく365(東京金融取引所による取引所取引): 差益・スワップポイントとも雑所得(所得税・住民税合わせて20%の申告分離課税)。先物取引との損益通算・3年間の損失繰越が可能。

[編集] レバレッジ
外国為替証拠金取引では、レバレッジを利用することにより、証拠金以上の外貨を取引することができる。レバレッジの倍率を高くするほど為替相場の変動によるリスクは高まる。取引業者によっては400倍もの高レバレッジも設定可能である。逆に証拠金と同額の外貨を取引する(レバレッジ1倍)という外貨預金に近い比較的低リスクな取引もできる。

仮にレバレッジが100倍で取引した場合、1%の変動(1ドル=100円から1ドル=101円)が100%の変動になる。利益なら証拠金が2倍になるが損失なら証拠金全額を失う。

実際には商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される(マージンコール)場合もある。


[編集] ロング・ショート
外国為替証拠金取引では、常に何らかの通貨を売り、何らかの通貨を買う、という取引をする。これは、日本円でバナナを買う際に、バナナを買って日本円を売っているわけでもあるのと同様である。外国為替証拠金取引ではバナナの代わりに通貨を用いており、例えば、日本円を売って米ドルを買う、米ドルを買ってユーロを売る、というような取引をしている。

「買い」の方の通貨をロング、「売り」の方の通貨をショート、と呼ぶ。上記の例では順に、ドルロング円ショート(またはドル円ロング)、ユーロショートドルロング(またはユーロドルショート)という言い方になる。また、通貨のペアはUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなどと表記が決まっているので、「ドル円ロング」といえば円はショートされている。同様に「ユーロドルショート」と言えば、ドルはロングされている。ただし同じ取引を、円ドルショート、ドルユーロロングなどという言い方は慣例としてしない。


[編集] 外国為替証拠金取引の例
1ドル=120円、レバレッジ20倍で取引する場合、60万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%になる。1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。このときの収支は、

1ドルあたり 115円-120円=-5円 であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。
上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は、50万円の利益となる。つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。


[編集] 一部の取扱通貨について
近年成長著しい中国の元を取り扱っている業者は少なく、扱っていてもスワップ金利が付かない場合や、中にはスワップ金利が売り買い共にマイナスというケースもある。これは、中国元の元市場が先進国の通貨に比べて自由化されておらず、通常の方法で取引でできないためである。


[編集] 主なリスク
外国為替相場の変動リスク
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。
業者に対する信用リスク
客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できない。業者によって証拠金の管理方法が異なるので、約款などで確認する必要がある。
マイナススワップポイントのリスク
高金利の通貨を売り、低金利通貨を買う取引をする場合(2006年12月現在ではドル売り円買いなど、多くの円買い取引がこれに相当する)、スワップポイントの支払いが必要となる。スワップポイントはその通貨ペアの金利差が逆転しない限り支払わなければならないので、特に長期売買の時には「スワップポイントの収支」が多額になることがある。

[編集] 金融商品販売法の適用
本取引は、2004年4月1日施行の「金融商品の販売等に関する法律」(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当することが明確になった。(金融商品販売法 第2条1項12号、同法施行令 第4条)

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任を負うことになる。(同法 第3条1項2号、第4条)


[編集] 法規制
本取引は、かつては取引に関する法律(いわゆる「業法」)がなく規制もなかったため、多額の手数料を顧客から騙し取るといった悪徳業者が多発した。2005年7月1日に金融先物取引法が改正されたことで以下の規制が設けられたが、過当競争状態になっている証券会社などでのトラブルや、本取引を騙っての詐欺事件が後を絶たない。

業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになった。
以下の禁止行為が設けられた。
不招請勧誘の禁止
契約をしない旨の意思表示をした人に対する再勧誘の禁止
断定的判断を提供しての勧誘の禁止
広告規制
手数料やリスクなどについての表示を義務づけられた。
書面の交付義務
契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。
外務員が登録制となった。
この規制は、2007年9月30日に施行された金融商品取引法の一部として再構成された。


[編集] 取扱業者
アストマックスFX
外為どっとコム
外為オンライン
オクトキュービック
豊商事
トウキョウフォレックス
FROM EAST証券
フォレックスクラウン
FXプライム
FXオンライン
上田ハーロー
マネーパートナーズ
マネースクウェア・ジャパン
松井証券
セントラル短資オンライントレード
MJ
パンタレイ証券
ジョインベスト証券
マネックス証券
かざか証券
ジェイ・エヌ・エス
イーバンク銀行
ハーベストフューチャーズ
クリック証券
スター為替
ヒロセ通商
インヴァスト証券
為替マーケット
FXCMジャパン
外貨ex
SBIイー・トレード証券
キャピタル・マーケット・サービシズ(CMS)-米国LLCの日本支店
など。


[編集] 問題点
FX取引を巡って、所得税の脱税や申告漏れが多数報告され、納税意識の低さが問題視されている。 くりっく365は20%の申告分離課税だが、その他の店頭取引は雑所得として総合課税の対象となる。 同じような取引でも税率に違いがでるなど、制度上の問題がないわけではない。


[編集] 関連項目
デリバティブ
外国為替
悪徳商法
円キャリー取引
円相場
外国為替市場
東京外国為替市場
外貨兌換券
外為ブローカー
外国為替及び外国貿易法
金融商品販売法
為替レート
金融商品取引法
為銀主義

[編集] 外部リンク
金融庁
いわゆる外国為替証拠金取引について
アクセスFSA 第15号 (2004年2月)
金融早わかりQ&A >> その他の質問 >>
国民生活センター
相談急増!外国為替証拠金取引(PDF形式)
外国為替証拠金取引と不法行為責任
関係法令
金融商品の販売等に関する法律
金融商品の販売等に関する法律施行令
判例
平成15年5月9日 札幌地方裁判所 平成14年(ワ)1896 損害賠償請求事件
(国民生活センターのホームページの「外国為替証拠金取引と不法行為責任」で検討、解説されている判例)
その他
外国為替及び外国貿易法 (法令データ提供システム)
Yahoo!ファイナンス - 外国為替情報
外為 Infoseek マネー
主要国政策金利

fx35
fx500
fxmj
fxonline
FxOnline
Fxオンライン
Fxシステムトレード
fxプライム
fxブログ
fx初心者
Fx初心者
Fx初心者必勝法
Fx常勝バイブル
fx税金
fx比較
Fx比較
Fx必勝法
バーチャルfx
株式投資maアセットマネージメント
株式投資セミナー
株式投資ソフト
株式投資ノウハウ
株式投資ブログ
株式投資基礎
株式投資顧問
株式投資仕手株
株式投資初心者
株式投資情報
株式投資日記
株式投資入門
関連記事3件 »
投資した銘柄すべての銘柄に勝ちたい投資家は敗者【一】-朝日新聞-関連記事4件 »
関連検索:株式投資初心者
福岡株式投資
posted by FXシステムトレーダー at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おススメ商材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。